なゆたトリドリ日記

一般企業からITスタートアップにジョインしたITリテラシーノーマルなわたしの独り言日記です。なゆたほどの夢を抱えて万年筋肉痛。

採用担当は会社とその仕事のファンであれ

前回のエントリで書きましたが、
良い人材を採用するために1番大切なのは、「その仕事やりたい!面白そう!」と私自身が思うことだと考えていました。

現場をまず知るところから

某通信会社に採用担当として入社した私は、入社してすぐに採用部署に連絡をして以下のことをお願いしました。

・部署の担当者に取材させてください
・できれば仕事に密着させてください
・現場面接に同席させてください(これまで現場だけで面接をして採用担当者は入ってなかったんです)


これまでその会社の人事担当は、メールで必要最低限のことを現場とやりとりするだけで、具体的な情報共有はなにもない状況でした。
現場も採用に対してそこまで重要視してなかったのでしょう。

私の申し出に対して、「何故そんなことをする必要があるのか」という反応を示す部署が殆どでした。
「ひとまず応募きたら連絡くれればそれでいいから」と全く人事を頼りにしてない返答もありました。

そうじゃない。
そんなんじゃ、良い人を採用できない。
せっかく採用するなら、現場の求める人材を採用したいし、優秀な人材を採り逃したくない。

それに、入社してくれた人に、「この会社に入ってい良かった」って思ってもらいたい。活躍してほしい。

そのためには、私たち人事担当者が、仕事内容や必要スペックをしっかり理解して、一次面接の段階で候補者に魅力づけする必要があるということを伝え、頼み込みました。

徐々に現場に入り込む

最初は、求人媒体の取材同行から始めて、なるべく部署にこまめに顔を出すようにしていたら、
私の本気度が伝わったのか、
「次の面接一緒に入る?」
「この人に会ってMihoはどう思ったのかが知りたいんだけど」
と声をかけてもらえるようになりました。

入社数日後に訪れたピンチ

もう1つ、ピンチが好機に変わった事件がありました。しかも私の入社数日後に…。

入社予定だった人から、入社日直前に「入社辞退」の連絡がはいったんです。
そのメールを見た採用担当者は、そのまま「わかりました」と返信し、
配属予定だった部署へ「◯◯さんから辞退の連絡きました」とメールしたのです。

ありえない!

採用担当の責任として、まずやるべきことがあるでしょう。
送信されたメールを見て、私はダッシュでその部署へ行きました。(ワンフロアなのに広いから遠い…) 

「初めまして、数日前に採用担当で入社しましたMihoです。今お送りしたメールの件できました」

そのメールを受け取った現場責任者は怒っていました。当然ですよね。

 「今、入社予定だった方からのメールを見て、入社日が迫っていたので急ぎ情報共有をしました。直前に辞退を出してしまい、申し訳ありません。状況を覆すことは難しいかもしれませんが、本人に直接連絡をとって報告します。それから、すぐに再募集します」
と頭をさげると、現場責任者も周りの人もみんなビックリしていました。

ダイレクトコミュニケーションをとってこなかった人事が、駆けつけてきたのでビックリしたようでした。

 

「わかった。君に任せるよ」

 ここからこの会社の採用担当の動きは、私に巻き込まれる形で大きく変わることになります。

何でそんなに頑張るの?

某通信会社で人事をしていた時に、課長から言われた言葉です。
「やってもやらなくても給与そんな変わらないのに、何でそんなに頑張るの?」

 

油断すると溺れるくらいの水深のプールで泳ぐ生活

私は大学をでてすぐ、当時まだまだ小さかった転職エージェントに新卒一期生として入社しました。
当時は、「若いうちしかできないから限界まで働いてみたい!」と意気込んでいて、毎日朝から晩まで馬車馬のように働いて、週5で同期と飲んで…笑
 
入社3年でアシスタントマネージャー、4年目にマネージャー。
気づけば、入社時に教育担当だった先輩含む30人以上のメンバーを抱えるようになってました。

役割が変わると見える世界が変わる。
油断すると溺れるくらいの水深のプールに放り込んでくれた当時の上司たちには心から感謝してます。
でも、ある日はふと思ったんです。
「この先に何があるんだろう」って。
支店にいる限り、今より上のポジョンは支店長しかないけど興味がない。

思い切って、1社目と対極にある会社での人事を転職先に選びました。

 

3年でジョブローテがあるドメドメ大企業での経験

その会社はフロア全体がシーンとしてて、人事なのに現場とのコミュニケーションはなし。
メールで上がってきた現場の募集要望を自動的にさばくだけ。
 
よし、このどんよりした会社を変えてやろう。

まず最初に、私が始めたことは
・自分自身がこの会社を好きになること
・配属部署の仕事内容を知って、魅力を感じること
・配属先部署と協働して採用を成功させること
この3つでした。

これらを実行するために、シーンとしてるフロアの中で、あちこちに電話しまくって、走り回っていたので、
「Mihoはうるさいから、個室に入っとけーっ!」と同じ部署からクレームがくるほどでした。
 
でも、圧倒的な成果を出せば、そのうち誰も何も言わなくなる。
他の部署を巻き込んで味方につければいい。
私は外を向いて仕事をしようと決めました。
 

採用要件の変更は妥協ではない


1番採用予定人数が多い部署には、本当に毎日顔を出しました。
その部署で働く人たちとも積極的にコミュニケーションをとって、「上司として欲しい人材」だけではなく、「現場が求める人材」も把握して、どんどん採用要件を変えていきました。
 
「何故」を何度も繰り返し、採用する上で何が1番大切なのかを一緒に整理するんです。
採用要件を変えることは妥協ではありません。
 
この要件設定を間違えていて、うまく採用できないケースは少なくありません。
この部署は会社の中でも花形部署だったため、採用要件が限定的すぎたんです。
 
結果として、この部署だけで、半年で20人以上を採用することに成功しました。

 

もらってる給与に合わせて成果って調整できるの?

 

「なんでそんなに頑張るの?」「張り切ってもお給与はかわらないよ?」
など散々言われましたが、

「やるからには最高の結果を出したい」私の中にはこれしかありませんでした。

 

給与がこれだけだから、これくらいの働きでいいやというセーブの仕方は知らないので、やれるだけ手を打って、最高の結果を出すことは私の中では普通のこと。

これはきっと私自身の性格によるところだけではなく、
1社目の教育方針も大きく影響してるなと思います。

会社のブログでは、今の市場におけるエンジニア採用に特化して採用エントリを書いているので、
このブログでは、他の職種にも通じる採用ということで、これまでのトピックから抜き出してポストしていきます。

README

これまで

大阪の大学を出て、新卒で転職エージェントへ入社。
営業→キャリアコンサルタント→マネジメントを経験したのち、
某通信会社にて採用を担当。
社労士取得のため、社労士事務所で修行し、
2014年に社会保険労務士試験合格。
2015年5月にITスタートアップへジョイン。

ITリテラシーは普通の方で、なんならめっちゃExcel使ってたしできる方だと思ってたけど、ITスタートアップに入って、度肝を抜かれました。

やっていること

入社した時は、まさか自分がプルリクを出すことになるとは想像すらしていませんでした。

好きなこと

筋トレ(最近 再びはまってます)
ボルダリング(最近サボってます)

そのほか

2016年限定だったという噂のブログもたまに書いています